資源の大切さを勉強する

>

ゴミにしないで譲ろう

リサイクルショップの存在

使わなくなったものを有効活用したいなら、リサイクルショップに持って行くのが良い方法です。
そこでは不用品を買い取って、商品にしています。
自分はもう使わないものでも、他の人が欲しいと感じるかもしれません。
リサイクルショップを利用して、ゴミを減らす取り組みを始めましょう。
ですが、子供だけでリサイクルショップに不用品を売ることはできないので気をつけてください。

未成年者が不用品を売る際は、保護者のサインが必要になります。
親に相談して、一緒にリサイクルショップに行きましょう。
親子で、リサイクルについて話し合う良い機会になります。
無駄なゴミをこれ以上増やさないために、今後は家族全員でリサイクルを常に心がけてください。

フリーマーケットが開催される

地域によって、定期的にフリーマーケットが開催されているかもしれません。
そこで不用品を売ることができるので、ゴミの削減に繋がります。
衣料品やオモチャなどを売れるので、自宅にいらない不用品があったらフリーマーケットに出してください。
昔に購入した衣料品やオモチャでも、買いたいと感じる人がいます。

いらないからと、不用品をすぐに捨てるのはもったいない行為です。
リサイクルを学校で学ぶことで、子供に再利用するという意識を植え付けることができます。
大人になっても小学校で習った知識を忘れなければ、綺麗な自然をずっと残していけるでしょう。
またリサイクルに関して勉強する子供を見て、大人も意識を変えることができます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ