資源の大切さを勉強する

>

みんながリサイクル活動に貢献しよう

森林を守ることが目的

大人でも子供でも、紙を使って生活を送っていると思います。
紙の原材料を、みなさんは知っていますか。
紙は木を使って作っているので、生産するためには森林を伐採する必要があります。
そのため、このまま紙を作り続けていると、地球上の森林がなくなってしまいます。
小学校でリサイクルのこと遍勉強することで、1人1人がリサイクル活動に貢献しようという意識を持たせることができます。

新聞紙やチラシを資源ゴミの日に出したり、牛乳パックを専用の回収ボックスに入れることなら小学生でもできます。
リサイクル活動をするのに、大人も子供も関係ありません。
みんなが自分にできることから、順番に取り組むことが地球環境を守ることに繋がります。

自然エネルギーの重要性

今は資源を消費しないように、自然エネルギーを使うことが注目されています。
太陽光を集めて電気にしたり、風力尾利用する鳥取り組みになります。
もっと自然エネルギーが身近な存在になれば、今までのように資源を猛スピードで消費することはないでしょう。
そのために国民のみんなが、自然エネルギーのメリットやデメリットを把握しなければいけません。

森林や石油などの資源は有限ですが、自然のエネルギーは無限です。
しかし今はまだ、自然エネルギーを試している最中です。
そんな中で資源を使いすぎて自然がなくなると、何もエネルギー生み出すことができなくなってしまいます。
自然を守ることで、新たなエネルギーに変えられると理解しましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ